2013.高齢者における運動と脳の健康(Neurobiology of Aging)

Screen Shot 2013-10-25 at 11.42.15 AM今回は高齢者における運動(激しい運動ではなくて身体を動かすという身体的活動を指します)と脳の健康状態の関連性を示す、2013年Neurobiology of Agingに発表された研究をご紹介します。

寿命年齢の増加と高齢化社会の今日、高齢者にとって認知機能低下や痴呆、アルツハイマー病など脳の老化に伴う機能低下、病気などは深刻な問題です。加齢に伴う認知機能低下と遺伝的要因を示すエビデンスが見つけられる中、脳の老化は生活習慣によって大きな影響を受けることも明らかになってきています。認知機能低下を防ぐ生活習慣のひとつとして大事なのが”身体を動かすこと”だと考えられています。複数の研究結果が認識機能のテストにおいて(理論、口答、視空間の総合的認識力テスト)身体をよく動かす生活習慣を送っている人のほうが、いつも座っており身体的活動が低い人に比べて、良い結果を示しさらにはアルツハイマー病を発病するリスクが低い可能性を結論づけています。

身体を動かすことが脳の老化を防ぐ根拠はまだまだたくさんあります。2003年、2009年、2010年、2011年の論文では、身体を動かす生活習慣の高齢者の脳はそうでない高齢者の脳に比べて、海馬を含む側頭葉部分の脳容積が顕著に多いことが報告されています。

年齢を重ねるとともに身体を動かす機会を失ってしまい、脳の老化ととも様々な問題を抱える現代社会において、これらの研究は身体を動かすことの重要性、何らかの運動を保つということが脳の老化を防ぐ、最も簡単で効果的な予防策であることを示しています。

今回の研究では331人の”健康な”75歳の方々に対して、自己申告の運動レベル(どれくらい身体を動かしているか)と認識能力、脳(灰白質,白質)の容積の関連性を研究しました。

脳の健康状態、認識能力を測るために以下のテストが行われました。

Trail-Making Test (TMT):実際にこの研究で使われたものではありませんが、このように数字を線で結んでいってもらいます。

Trail-Making Test (TMT):実際にこの研究で使われたものではありませんが、このように数字を線で結んでいってもらいます。

  1. Mini Mental State Examination(痴呆の診断用に用いられるもので、30点満点の11の質問で、見当識、記憶力、計算力、言語的能力、図形的能力などを検査)
  2.  verbal fluency task(直訳すると言葉の流暢さを測るテストですが、1分間のうちに出来るだけ多くの動物を言って下さい。国を言って下さい。といったように、あるカテゴリーのものを出来るだけ多く言ってもらうテスト)
  3. Trail-Making test (taskの実行機能を検査します。)

身体的活動は「軽い」「激しい」とに分けられ、さらに1週間に30分以上行う身体的活動の回数とで分類されました。参加者は、1週間に何回ほど「30分以上の軽い運動(ウォーキングやガーデニングなど)」を行うか、何回ほど「30分以上の激しい運動(ランニングや水泳など)」を行うか質問されました。回答をもとに参加者を運動レベルの「とても低い」「低い」「中程度」「高い」に分けました。

ちなみに運動レベルの「とても低い」または「低い」に分けられた参加者は、汗をかくほどの運動が1週間のうちにほぼゼロだと判断さらた人たちです。運動レベルが「高い」に分けられた参加者たちは汗をかくほどの運動(30分以上)を1週間のうち3回から5回ほど行っていると判断さらた人たちです。

結果:運動レベルが高い人ほど認識能力テストでは総合的に良い結果を出し、脳の容積も大きいことがわかりました。

もちろんこの研究に関してだけ言えば、脳の容積が大きく脳の機能が正常に保たれたいたから、望むような運動を続けられたいたのか。運動を続けていたことで脳が老化せず容積が保たれたいたのか。どちらかを結論づけることはできません。

しかしながら神経可塑性や運動するための脳活動、身体を動かすことでの脳へのインプット、筋肉や関節の動きを脳に伝える求心性神経経路、小脳の活動などなど、”使うことで保たれる、神経細胞の生存には活性が不可欠”という神経細胞の基本的な性質を考慮した時、運動をすることが脳の老化を防ぐのに大きな役割を果たすことは間違いないと思います。

いつからでも遅くありません。脳や身体の機能が保たれているうちに、その機能を保ってゆくためにできる最良のことはその機能を使ってあげることです。

Reference:

1. Christian Benedicta et al. Association between physical activity and brain health in older adults. Neurobiology of Aging 34 (2013) 83–90

Advertisements

Posted on 10/25/2013, in 2013.高齢者における運動と脳の健康(Neurobiology of Aging), 研究/文献. Bookmark the permalink. Leave a comment.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: