Category Archives: ニュース

NBC &C8 ニュース:ARTで筋肉の凝り・痛みを解消

今回はART(Active Release Technique)という軟部組織(Soft Tissue)、主に筋肉や腱をストレッチし固まってしまっている組織の機能を元に戻す治療法についてのニュースです。ARTは特に筋肉の凝り・痛みに効果的だと考えられています。凝り・痛みの原因の多くは使いすぎであったり正しく使われていない筋肉による問題から発生しているということです。たとえば凝っている筋肉、異常の起きている筋肉は長年に渡って収縮・緊張した状態にさらされているわけですが、ARTではその異常の起きている筋肉を伸ばし、あるべき状態・リラックスした状態へと戻してあげます。

2つのニュースで治療には筋肉を伸ばしている、ストレッチの感覚について話されています。そしてARTのあとに多くの人は筋肉がリラックスした状態、”軽くなったような感覚”を体験すると話しています。個人差はありますがよく見られるケースは、動きが良くなった、凝り・張りが改善された、痛みがなくなったなどというの多いです。ARTは慢性的な痛み・凝りを抱えている人たちだけではなく、筋肉系のトラブルを抱えやすいアスリートたちにも人気があり、その間で広がっていることをニュースでは伝えています。

Advertisements

CBSニュース:カイロで免疫力アップ

風邪やインフルエンザ、細菌によって症状を発症する人としない人は、多くの場合それぞれの免疫力の差で決まっています。人の免疫力は生活習慣・ストレス・疲労度・精神状態など様々な要因によって決まります。皆さんも、精神的に参っているときに風邪を引いてしまったことなどもあるのではないでしょうか。以下の2つのニュースはカイロプラクティックで免疫力向上の可能性を伝えているニュースです。

登場するカイロプラクターは免疫システムをコントロールしている神経系の機能を正常化させることで免疫システムも正常に機能させることを話しています。関節や姿勢の異常が神経システムの機能低下を引き起こす可能性を話し、首の動き、肩の高さが左右で違う方に対してカイロプラクティックでのチェックを薦めています。

こちらは、あるカイロプラクターが日々の治療の中で患者さんの免疫システムの変化を話しているニュースです。

注:この記事は、カイロプラクティックで免疫力がUPする可能性を伝えているニュースをご紹介するものです。すべての感染症やインフルエンザなどの治療にカイロプラクティックのみを薦めるものではありません。

カイロプラクティックがどのように神経システムを影響して免疫力に関連するのかについてはこちらから。(執筆中)

カイロプラクティックと免疫力に関する研究・論文も追々UPしていこうと思います。

CNBCニュース:企業でカイロ

今回はある企業が、社員の健康維持のためにカイロプラクティックを取り入れていることを伝えるニュースをご紹介します。Travelocity.comを運営しているSabre Holdingsという企業は、デスクワークの多い社員にできるだけ痛みが無い状態で働いてもらうために、会社にカイロプラクターを招いて、ケアを提供しているようです。

社長は、定期的にケアを受けることで趣味であるマラソンを続けることができているだけではなく、医療費の節約にもなっていると話しています。「$1の投資は$3の節約につながっている。」と話しています。

腕や肩を使いすぎてしまっているある社員は、カイロのケアを受けることでスムーズに業務を行うことにつながっていると話しています。

一日中デスクに座って、お仕事をする人々はたくさんいらっしゃると思います。そんな人々は何らかの痛みを抱えていることがよくあります。痛みが悪化してしまったり、慢性化してしまう前に、カイロを試してみるのもひとつの手段です。

ABC:カイロで首の痛みを解消

今回はカイロプラクティックを受診する理由として頻繁にあがる理由のひとつ、首の痛みについての研究とそれを取り上げたニュースをご紹介します。

毎日の生活の中で、姿勢・仕事・ストレスなどによって多くの人々が首に痛みを抱えていることを伝えています。ニュースに登場する女性は、パソコンでの仕事が多く、首に痛みを抱えている一人でした。「ひどかったわ。首のせいで運動はできないし、リラックスもできないから身体を休めることができなかったの」と話しています。ニュースではAnnals of Internal Medicineに掲載された研究を紹介しています。この研究では、首に痛みを抱える272人の患者さんを3つのグループに分けました。一つ目のグループは鎮痛剤の使用。二つ目のグループは家での運動療法。三つ目のグループはカイロプラクターからの治療を受けました。

12週間後、鎮痛剤使用のグループの中では13%の患者さんが首の痛みは解消されたと報告。運動療法では30%、カイロプラクティックでは32%の患者さんが首の痛みの解消を報告しました。

この研究は首の痛みの原因・患者さんの生活習慣など様々な制限がありますが、多くの人がかかえる首の痛み。鎮痛剤に頼ってしまう前に、運動療法・カイロプラクティックを試してみては如何でしょうか。とのニュースでした。

このブログでは肩こりの原因と治療アプローチについてご紹介させていただきました。首の構造・神経システムを整えてあげるのにカイロプラクティックを試してみるのはどうでしょうか。なお、当クリニックを含め多くのカイロプラクティックでは首の構造を保つため、首の痛みを避けるための運動療法を指導しています。

ADHDの治療ケース

ADHDの治療では現在、薬物療法がもっともよく行われる治療です。しかし薬には必ず副作用が伴います。このニュースでは薬物療法を用いていた女の子とその両親が、別の治療法を求め、カイロプラクティックを試したことを伝えるものです。ニュースの中で、母親は「治療初めて、変化にすぐに気づきました」と話しており、女の子は数ヶ月で宿題などに集中できるようになり、薬の服用もやめることができました。

ニュースの中で治療したカイロプラクターは、身体のバランスを整えることで、脳機能を回復させてあげる。身体のアンバランスは神経経路を阻害し、結果的に脳機能を低下させて、ADHDなどの症状を起こすことがあります。と話しています。

ニュースに登場するADHDの専門家HALLOWELL医師は、通常医療とは異なるアプローチですが、副作用がなく安全である限り試してみる価値があると話しています。 この女の子はその後、定期的なカイロ検診とメインテナンスケアを受けながら、元気に過ごしているとのことです。

ADHDの治療アプローチについて詳しくはこちら

子供の耳感染症

多くの親が子供の中耳炎など耳の感染症に悩んでいます。ある母親は、子供に抗生物質を服用させ続けてもなかなか良く治らず、子供は慢性的に耳感染に苦しんでいました。これはCBSニュースで、そんな母親がカイロプラクティックを試してみて、そんな悩みから解放されたことを伝えるものです。

最初は耳の感染症にカイロプラクティックが効くのか懐疑的だった母親でしたが、治療後にその疑いもすっきりとなくなったと話しています。ニュースに登場する小児科医は、「副作用の心配もないし、試してみる価値は十分にあります。」と話しています。実際に治療をしたカイロプラクターは、耳の中に溜まってしまう、中耳駅液や内耳リンパ液をカイロプラクティック矯正によって、排出させてあげることで、耳感染症を解消させてあげると話しています。

1997年の研究では、カイロプラクティックの施術と耳感染症の解消の関連性を伝えています。この研究では、332人の慢性的耳感染症を抱えた子供(生後27日から5歳まで)が参加し、カイロプラクティックの検査・施術を受けました。治療後6ヶ月の追跡調査期間内では、80%の子供たちが耳感染症を起こしませんでした。この6ヶ月期間に子供たちは、4-6週間毎にメインテナンスケアを受けていました。(1)

カイロプラクティックの耳感染の治療アプローチの詳細はこちらをご覧ください。(執筆中)

参考

1.Fallon JM. The Role of the Chiropractic Adjustment in the Care and Treatment of 332 Children with Otitis Media. Journal of Clinical Chiropractic Pediatrics. 1997; Volume 2, No. 2:167-183

NBC:ロンドンオリンピックへ向けて

2012年6月のNBCニュースにて、ロンドンオリンピックに向けて多くのアスリート達がカイロプラクティックのケアを受けていることを伝えています。

カイロプラクティックは多くのスポーツ障害にもその有効性を示していますが、それだけではなく、健康な方々がその健康維持のためにカイロプラクティックを利用すると同じように、アスリート達もそのパフォーマンス向上・身体をベストな状態で維持するためにカイロプラクティックを利用しています。

オリンピックには選手たちのケアのために医療チームが作られ、選手に同行しています。医師を中心とした医療チームでしたが、近年カイロプラクターも医療チームに参加するようになりました。

  • 2006年トリノオリンピックにはアメリカの医療チームに6人のカイロプラクターが参加
  • 2008年北京オリンピックにはアメリカの医療チームに4人のカイロプラクターが参加。
  • 2010年バンクーバーオリンピックにはアメリカの医療チームに5人のカイロプラクターが参加。初めてオリンピック選手村の中にて他の医療従事者とともに多くの選手のケア。

健康維持・アスリート達のベストなパフォーマンスにも、神経システムが正常にバランスよく機能していることが大切です。

参考

  1. ACA( http://www.acatoday.org/content_css.cfm?CID=3740)
  2. EON(http://eon.businesswire.com/news/eon/20100205005515/en/chiropractic/Olympics/Polyclinic)

 

 

CBS&abc ニュース:高血圧にも効果的

まずは、以下のCBSのニュースをご覧ください。(英語)

アメリカにおいて3人に1人は高血圧と言われている今日、多くの人が薬によって血圧をコントロールしています。しかし、薬を使わずに血圧を下げることができるかもしれません。その方法として今注目されているのがカイロプラクティックです。ストレスの多い現代社会では、高血圧は深刻な悩みです。多くの人々が年齢やストレスによる高血圧と言われ、薬を使って血圧をコントロールしています。副作用のない薬はなく、仕事や育児などのストレスを取り除くこともできず、健康を害している方がたくさんいらっしゃいます。このビデオでは高血圧の一因として簡潔に、首の骨(頚椎)のズレにより神経機能が阻害され、心臓が正常に働かないと説明されています。

ビデオでは、首のアジャスト・矯正により、頚椎のズレを元にもどし、神経機能を正常にすることで心臓の機能も正常化させることに成功したようで、数回の治療で薬の量を半分にすることができたと伝えています。

Dr. George Bakrisというシカゴ大学の有名な高血圧の研究者は、カイロプラクティックによる高血圧治療の数多くの成功症例をみてきたと伝えています。Dr.Bakrisはこのことに注目しさらなる研究を続け、以下のような研究を行いました。

この研究ではカイロプラクティックのテクニックの中でも頚椎1番を矯正するテクニックが使われましたが、矯正することで正常化させたい神経経路は同じです。

血圧は主に心拍と血管収縮度によって決まるので、それらをコントロールしている神経経路が正常に機能していることが正常な血圧を保つために必要です。これらのニュースはカイロプラクティックが高血圧にも効果を表していることに対しての驚きでニュースになったことですが、神経学的に考えると神経細胞・経路を正常化させることが、高血圧に効果的であることはとても理にかなっているということができます。もちろん、高血圧の原因は様々ですので、すべての高血圧がカイロに適正だというわけではなく、まずは高血圧の原因を現代医療でしっかりと診断する必要があることでしょう。しかし、慢性的に高血圧で、薬に頼る生活を送り出す前に、カイロプラクティックを試してみては如何でしょうか。

(機能神経学的にどのように高血圧が引き起こされ、なぜカイロプラクティックが高血圧に効果があるのかについて、こちらをご覧ください。)-準備中

NHL ペンギンズ主将の復帰

機能神経学のコンセプトを考え出し、臨床・教育活動を行っているDr.Ted Carrickの最近の臨床ケースを話題にさせていただきます。

2011年1月、プレイ中の接触で脳震盪を起こし、その後の試合はすべて欠場、プロアイスホッケーリーグ(NHL)、ピッツバーグ・ペンギンズ主将のシドニー・クロスビーの怪我の状態にファンからは心配の声があがっていました。現代医学では回復不可能とされ、機能神経学の第一人者・Dr.Carrickの元を最後の望みとして訪れたようです。以下の動画は、2011年9月に行われたクロスビーの現役復帰の記者会見の動画です。

Dr.CarrickはLife Universityにてクロスビーの検査を行い、彼の脳に生じた空間把握能力の問題は発見した。治療は彼の脳に空間を適切なグリッドで認知できるようにするリハビリテーションをすることであった。彼の身体に必要な神経経路からの刺激をおくり、怪我の期間に生じた間違った神経パターンを崩し、脳と神経の機能がうまく噛み合うことに慣れさせるリハビリであった。機能神経学の観点からの検査・治療は現代医学での検査・治療のコンセプトとは大きく異なり、今後の医療において機能神経学の効能効果と重要性を感じさせる臨床ケースになったのではないでしょうか。

このことは全米で大きく取り上げられました。以下はDiscoveryChannelのニュースより。