Category Archives: 子供の疾患

夜尿症

夜尿症(おねしょ)を克服!

おねしょの問題も実は脳・神経システムが大きく関わっている可能性があります。尿意は我々の意識とは関係なく自動的に発生してしまいます。ただ尿意を感じたときに、いつでもどこでもおしっこをできるわけではないので脳がおしっこを我慢する、尿意を一時的に抑制することができるようになっています。つまり、脳(特に前頭葉)がここではおしっこができないと考え、我慢しなさいという命令を送って排尿をコントロールできるということです。

上記のように、排尿のコントロールには基本的に脳が正常に機能している必要があります。これは夜寝ているときも同じです。寝ているときの脳は活動している部分としていない部分がありますが、ここでは基本的に脳もお休みをしていると考えましょう。脳がお休みをしているときでも、ある程度の年齢に達し脳が十分に発達していれば尿意を抑制することができます。しかしながら、小さい子供のように脳(特に前頭葉)が十分に発達していない(活性化していない)場合、寝ているときに尿意をコントロールできずおねしょをしてしまうというわけです。ある程度の年齢に達しているにもかかわらずおねしょが直らないお子さんのために夜尿症を克服するためには、未発達の脳を活性化させてあげて、尿意をコントロールできるように脳を目覚めさせてあげれば良いのです。(THM!)

以下、排尿のメカニズム。神経システムがどのように排尿をコントロールしているかをご説明いたします。専門的ですがもっと詳しく知りたい方、なぜ脳への刺激・活性化がおねしょを克服するのかを知りたい方はお読みになってください。

膀胱のコントロールは実は結構複雑です。排尿するときは、排尿筋という膀胱の筋層が収縮して膀胱をからにします。

交感神経は尿を膀胱に貯めるために働きます。(排尿を抑制):排尿筋につながっている交感神経は、排尿筋の状態を求心性神経が脊髄のT9-L2のIML(脊髄中間外側核)を通って伝えます。この情報をもとに脊髄T11-12のIMLが遠心性神経で指令を送り膀胱括約筋を締め、排尿筋の収縮を抑制します。

副交感神経はおしっこをするために働きます。(排尿を促進):膀胱に尿が溜まり、膀胱壁が伸びるとその情報を求心性副交感神経が脊髄S2-4を通って伝えます。この情報をもとにS2-4の脊髄レベルから下腹神経を通り、遠心性神経が排尿筋の収縮と膀胱括約筋を緩めるように指令を送ります。

このようにして、尿を貯めるために働く神経と尿を排出しようとする神経が互いに作用しあい、尿を貯めながら尿意(排尿反射)として、その程度・頻度を変えながら脳に伝えているのです。

交感神経・副交感神経は我々の意識でコントロールされない自律神経ですが、我々の意識下にある神経(Somatic) 体性神経も排尿をコントロールしています。脊髄のS2-4レベル前角にあるオナフ核から陰部神経が意識的に尿道尿道括約筋を収縮させます。排尿を我慢するときなどに使いますね。

尿意のコントロール、交感神経・副交感神経を促進・抑制するのが上位の神経システムである脳にあります。脳幹には、Pontine Storage Center(PSC)とPontine Micturition Center(PMC)があります。PSCはStorageつまり尿を貯めるための脳幹部分で、交感神経を刺激し副交感神経を抑制します。これに対し、PMCはMicturition(排尿反射)を司る脳幹部分で、PSCの抑制とオナフ核を抑制することで、尿の貯蓄メカニズムを抑制し排尿を促します。尿が溜まり膀胱壁が伸びれば伸びるほどPMCが刺激され、排尿のメカニズムが促進されるのです。

排尿の促進・抑制をコントロールしている自律神経と、その自律神経をコントロールする脳幹PSC,PMCについてお話してきました。それでは、さらに上位の神経システムがどのようにPSC, PMCをコントロールしているのか。初めのほうに述べさせていただきました、前頭葉が発達していれば尿意を寝ていても尿意は抑制できるという部分についてさらに詳しくご説明いたします。

脳にある視床下部という部分は自律神経系の内臓運動性機能に深く関与しています。視床下部の前野と後野が排尿メカニズムに関連しています。前野はPMCを刺激し、その働きを促進させます。つまり、排尿を促すのです。後野は交感神経を刺激し、排尿を抑制します。

このように複雑な神経システムは排尿をコントロールしていますが、一番上位にある神経システムは脳の前頭葉(特に右)であり、そこからの刺激が視床下部、前野を抑制し、排尿を抑制しているのです。

まとめてみましょう。副交感神経、脳幹のPMC、視床下部前野は排尿の促進。交感神経と脳幹のPSC、視床下部後野は排尿の抑制。これらは自動的に作用しあって、尿は膀胱に溜まり、自動的に尿意を感じさせます。この尿意に対して、脳の前頭葉が視床下部前野を抑制することで(寝ているときでも)、全体的に排尿促進メカニズムが抑制され、排尿を我慢することができるのです。

おねしょの問題は、このように複雑な神経システムが絡んでいます。これらすべての神経システムのなかねおねしょの原因となっている部分はどこか、どこの神経細胞の活性化が必要なのかを、機能神経学的検査を用いて調べて、必要な部分にターゲットを絞って活性化させることが、神経カイロの治療のアプローチです。(THM!)

注:ご紹介しましたのは夜尿症の原因のひとつと考えられる神経システムの要因であり、すべての夜尿症の原因ではないことをご理解ください。

参考
1.Beck. RW., 2008. Functional Neurology for Practitoners of Manual Therapy.
2.Beckwith,C. Module 806 Autonomic Nervous system Chicago seminar, November 2011
Advertisements

ADHD

ADHD 子供時代の遊び方が脳の発達に大きく関わる!

ADHD(注意欠陥多動性障害)は発達的に不適切な程度の注意欠陥(様々な事象に気が散る、指示に従うことが困難、短期記憶が極端に短い)、衝動性(考えずにすぐに行動してしまう)、多動性(落ち着きのなさ、手指を動かす、もじもじする、過度のやかましさ)を呈する行動障害です。これらの障害は外部からの様々の刺激に対して運動反射を抑える人間の身体に備わっている本来の機能が低下しているためと考えられます。(Barkley, 1997). ある論文によると右前頭葉の機能低下とこの外部刺激に対する運動反射を抑える能力の低下に関係があるとされていうます。(Sergeant, 2000).

正常な人間の脳では右前頭葉の働きのひとつとして、不必要な運動反射を抑制する機能があります。ADHDを抱えている患者さんの多くは、この右前頭葉の機能が低下しているため、落ち着きのない行動をしているように見えたり、集中力がないように見えてしまったりするのです。(THM!)この右前頭葉の機能はDentato-ponto-cortical と Dentato-rubral-thalamo-cortical という2つの神経経路に大きく依存しています。身体からの情報は脊椎を通り小脳を経て、通った小脳とは反対側の大脳まで届きます。人間の脳は左右2つの大脳、小脳、脳幹とありますが、右の小脳を通る刺激は左の大脳を、左の小脳を通る刺激は右の大脳を刺激するといったように、神経経路が交叉しています。正常な脳の発達には両方の小脳・大脳をバランスよく刺激することが必要ですが、この刺激に不釣合いが生じたとき、脳の機能にも不釣合いや機能低下といったことが起こる可能性がありいます。

では、特に子供にとって正常な脳の発達を促す刺激とは何でしょうか。簡単に言えば昔の子供たちの遊びは脳を発達させるのにとても適した遊びでした。外での鬼ごっこ、かくれんぼ、地域によって様々な遊び方があったと思いますが、僕の地域では氷鬼、手つなぎ鬼、ろうそく鬼などなど外で遊べる遊びがたくさんありました。では、なぜ外で遊ぶのが良いのかというと

1.運動すること(特に手足の動作)は小脳を発達させると同時に、両側の脳をバランスよく刺激します。

2.人間の表情を見るということももちろん脳への刺激。特に右前頭葉は人間の表情を見るときに活発に働きます。つまり、鬼ごっこやかくれんぼをすることで、他の人間の様々な表情を見ることができ、それが正常な右前頭葉の刺激にもなるのです。(THM!)

それでは逆に、外での遊びをせず、家の中でゲームばかりするのは脳への刺激となるのでしょうか。答えはNOです。まず、ゲームをすることで動かすのは指先ばかり。これでは小脳が働かず、脳への刺激が足りません。では、Wiiをすればいいんじゃないかというのもなしです。Wiiでも身体の動きは限られますし、何よりも人の表情をテレビ画面からは感じることができません。一緒にプレイしている人からの表情の刺激はあるかもしれませんが、ゲームをしている大部分はテレビ画面をみていることになるでしょう。

そして、3つ目の大事なポイントとしては、テレビゲームは人が作り出したもので、テレビゲームをすることでは子供自由な発想力が発達しません。子供の発想力を大事にしてあげる、つまり子供が自分で何かを考え出すということも、正常な脳の発達にとても大事なことなのです。(THM!)

ここまで正常な脳の発達がADHDを起こさない上で大事だということを書かせていただきました。それでは、ADHDを発達させてしまった人たちはどうすればよいのでしょうか。答えは、低下している脳の部分を刺激させ、正常に機能させてあげるということです。(THM!)神経カイロでは、まず低下している脳部分を見つけます。ADHDの場合、右前頭葉にもっとも多いです。たとえば右前頭葉を刺激させたいときには、左の手足のエキササイズを行ったり、眼球運動、音セラピーなど様々な刺激を使って右前頭葉を刺激します。また、特定の脊椎矯正も長期的な刺激を右前頭葉に送ることができます。これらのBrain-based afferent therapy(脳への刺激療法)によって、脳を刺激、機能低下している特定の脳を呼び覚ましてあげることが治療の上で大切です。

参考文献

  1. Beck. RW., 2008. Functional Neurology for Practitoners of Manual Therapy.