Category Archives: 慢性になりやすい痛み

馬尾症候群(Cauda Equina Syndrome)

脊髄はL1/L2で終わり、その下は馬尾(ばび)神経が下に向かって走り、それぞれの椎間孔から出て行きます。この神経の束が椎間板の破裂やヘルニア、腫瘍、膿瘍、外傷による損傷、炎症(強直性脊椎炎など)による腫れなどによって圧迫されることによって現れる症状を、馬尾症候群といいます。

胸椎の10番目より下に起こる障害で馬尾症候群が引き起される可能性があります。馬尾症候群は仙骨からの神経根のみを圧迫すると考える人がいるようですが、これは大きな間違いです。馬尾とは脊髄の終わり(脊髄円錐)、脊椎神経のT12-S5、終糸繊維(脊髄硬膜に存在する脊髄円錐から仙骨につながっている)からなり、これらを圧迫するものを馬尾症候群としています。

馬尾症候群は大きく分けて3つのタイプがあります。

①側面馬尾症候群(Lateral Cauda Equina Syndrome)

最も多く見られる側面馬尾症候群は、神経繊維腫です。椎間板障害はあまりみられません。症状として太ももの痛み、四頭筋(太ももの筋肉)の萎縮、足首の内反(ankle inversion)が弱い[L4神経根障害]、膝反射の喪失が挙げられます。障害が高い位置かつ、脊髄円錐より外側にある場合、錐体路兆候(pyramidal signs)として、膝反射の亢進と足首のクローヌス(Ankle clonus)とバビンスキ(Babinski)兆候を伴うこともあります。これらの兆候とともに、脊髄の圧迫によって括約筋(肛門や尿道口にある輪状のバルブの役割を果たす)の障害がみられることがある。

②内側から圧迫される正中馬尾症候群(Midline Cauda Equina Lesions from Whithin)

conus lesionとも言われます。上衣腫(ependymoma; Gliomaの一種)、類比腫(dermoid tumor)、脊髄円錐の脂肪腫(lipoma)らが通常、原因である。神経根は内側から損傷する。例えば、S5->S4->S3となる。はじめは直腸痛、生殖器痛、排尿障害、性的能力の喪失などがみられる。後に、膝反射の喪失、L5, S1筋力の低下などが起こります。上衣腫が原因の場合、これらの症状が現れる前に、慢性的な鈍い背中の痛みを5年抱えていることもあります。

③外側から圧迫される正中馬尾症候群(Midline Cauda Equina Lesions from Outside)

両側に腰椎神経と仙骨神経の障害がみられます。神経根障害がL4とS1などといったようにみられる場合、気をつけて検査を行う必要があります。緩和する事の出来ない強烈な痛みと神経障害の兆候は、ただの椎間板の障害と考えず、ほかの病理疾患を疑いながら検査すべきです。

References: 
1. Neurological Differential Diagnosis 2nd ediciton, J.P. Patten 
Advertisements

座骨神経痛①梨状筋症候群

座骨神経痛は座骨神経が刺激されることによって起こる神経痛の症状です。メカニズムは、L4-5,S1-3らの脊椎神経から成る座骨神経が梨状筋の下を通り大腿後面を下行していくどこかで圧迫や絞扼によって障害を受けて神経痛となります。症状は痛み以外にも、痺れ、麻痺感覚、筋力低下などとして現れる可能性があります。その原因として、椎間板ヘルニアや梨状筋症候群(Pirifomis Syndrome)、変形性腰椎症、腰部脊柱管狭窄症などがあげられます。脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍などでも非常に強い座骨神経痛が現れることがあるので注意が必要です。

座骨神経痛の治療は、原因疾患によって異なります。原因疾患を明確にしてから適切な治療プランを立てる必要があります。座骨神経痛の治療として現在、対症療法が主流です。日常生活の指導(安静/長時間の座位を避ける/重いものの持ち上げを避ける/腹筋などの強化や背骨の可動域の促進などを目的とした運動など)、薬物療法、理学療法、ブロック注射などが症状の程度によって行われ、神経の圧迫/絞扼の程度や歩行障害/他の神経症状の有無によって手術が薦められます。

マニュアルセラピーを行うオフィスに訪れる座骨神経痛を訴える患者さんは、椎間板ヘルニアや梨状筋症候群(Pirifomis Syndrome)、変形性腰椎症を原因としていることが多いです。そしてこれらの疾患に対しては、正しいマニュアルセラピーと身体構造の改善を目指したエキササイズなどが有効的であり、薬物療法や侵襲的治療の前に行う療法として試す価値があると思います。(原因疾患を鑑別できる医療従事者ということが絶対条件です)。

文献(2)より引用。座骨神経(Sciatic nerve)と梨状筋(Piriformis)

文献(2)より引用。座骨神経(Sciatic nerve)と梨状筋(Piriformis)

梨状筋症候群のメカニズム、原因、治療などを考察した2013年の文献(2)を紹介します。梨状筋の長期的または異常な収縮によって梨状筋症候群が引き起されます。他の神経絞扼(例:手根管症候群)と同様、神経の通り道が阻害されることが原因で、梨状筋が神経の通り道を圧迫することで引き起されます。アメリカでは年間240万人が梨状筋症候群による座骨神経痛を引き起すと推測され、中年に多く、男性よりも女性に多いとされています。 梨状筋は仙骨から大腿(Greater Trochanter;大転子)に横に繋がっており、S1-2によって支配されています。梨状筋症候群を引き起す原因は、はっきりとわからないケースが多いようですが、以下のようなことで引き起される可能性があります。

  • 臀部の怪我(数年後に発症するケースもある)
  • 解剖学的多様性(多くの人の座骨神経は梨状筋の下を通るが、梨状筋の間や上を通ったり、座骨神経が2つに分かれ、1本が梨状筋に挟まれたり下や上を走ったりと多様性が見られ、より神経が圧迫されやすいケースなどがある)(3)
  • 筋膜トリガーポイント(Myofascial Trigger points )
  • 梨状筋肥大や筋痙攣(Hypertrophy and/or spasm)
  • 梨状筋における膿瘍、血腫、筋炎、骨液包炎、骨化性筋炎など

このレビュー(2)の著者たちは梨状筋症候群は診断やその原因を突き止めるのが難しく、良く見落とされてしまいがちだとしています。梨状筋症候群の97.9%が臀部の痛みを伴い、股関節/太ももの裏の痛み(81.9%)、ふくらはぎ(59%)、腰痛(18.9%)、また排泄時の肛門の痛み、尾てい骨痛などを引き起すこともあります。よく原因不明とされる尾てい骨の痛みの原因の多くは梨状筋症候群ではないかと推測する人もいるそうです。疼痛以外にも足のむくれ、女性の性交疼痛、男性の性的能力の障害なども梨状筋症候群によってよく引き起される症状だとされています。39-95% の患者は座位またはスクワットで痛みが増加します。しかしながら、通常は神経学的所見は見られず感覚障害もありません。梨状筋症候群と診断するためのゴールドスタンダード(至適基準)は現在ありませんが、梨状筋の触診によるトリガーポイント、piriformis sign(下肢の外転によって[piriformisを収縮させて]痛みが生じれば)、などが診断において有用である事が報告されています。

座骨神経痛を引き起す梨状筋症候群の治療法としてはまず現在のところ、理学療法、生活指導、薬物療法(NSAID, Muscle Relaxants, Neuropathic pain medications)、心理療法などの保存療法が行われています。これらで改善が見られないときには、interventional therapyが考えられ、稀ではありますが、手術が行われるケースもあります。しかし、理学療法の有効性は数多く報告されています。このことから、生活習慣の改善と、正しい筋肉の使い方、構造的改善などが有効だと思われます。筋硬直や筋肥大、筋膜トリガーポイントなどに対しては、Active Release Technique (ART)など筋ストレッチ系の療法が効果的かもしれません。(筋肉のストレッチの有効性についてはこちら。)また梨状筋に異常を引き越す原因を考察した際には、身体の機能構造を評価し、体幹の安定性などを高めるCore exercisesを行うことが薦められます。

Reference:
  1. PubMed Health (http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmedhealth/PMH0001706/#adam_000686.disease.causes)
  2. Brief review: Piriformis syndrome: etiology, diagnosis, and management,Can J Anesth/J Can Anesth (2013) 60:1003–1012.
  3. Anatomy Atlas (http://www.anatomyatlases.org/AnatomicVariants/NervousSystem/Images/70.shtml)
 

肩こりは解消できる

肩こりは多くの方を悩ます症状です。近年の生活習慣の変化、パソコンの普及などにより、若い方から年配の方々まで実に多くの人々が肩こりを経験しています。あまりに慢性的に肩こりを持ちすぎで、肩が凝っている状態が”普通”と考えている人も多くいらっしゃいます。痛みや不快感、筋肉の凝りは”普通”ではなくほとんどの場合取り除くことができます。

それでは肩こりの原因を考えて見ます。一般的に肩こりは肩から首にかけての筋肉の凝り・張り・痛み・不快感・重み・高張などといった言葉で表されます。肩にある一番外側の僧帽筋は肩こりの最も多い原因の筋肉と言われています。しかし僧帽筋の下に重なる多くの筋肉、首に繋がっている筋肉も肩こりの原因となっています。肩甲骨から首にかけての肩甲挙筋、肩甲骨と背骨をつなぐ大菱形筋、鎖骨から首をつなぐ斜角筋なども頻繁に”凝る”筋肉です。原因の多くは人間の頭を支える首の構造に負担がかかり、筋肉の緊張状態が慢性的に続いたりすることです。腰痛の記事にて紹介させていただいた“変形性関節症”は首にも影響します。首は頭の重さを支えれるように設計されていますが、それは正しい支え方(姿勢)がなされている場合です。姿勢が崩れ、首の構造に負担がかかり、関節が変性してしまうと腰痛と同じようなメカニズムで関節機能不全と疼痛を伴い、周りの筋肉に負担がかかり肩こりを引き起こすのです。THM!)こうして、腰痛と同じように神経システムはマイナスの方向(痛みの神経パターンと神経細胞のアンバランス)に変化していってしまいます。

それではどのように姿勢が崩れ首の構造が崩れていき、肩こりに向かっていってしまうのでしょうか。人の姿勢をコントロールしているのももちろん神経システムです。大したものでなくても首に何らかの衝撃が加わっての怪我が関節の機能を低下させ、脳への関節情報が減少し、首の構造が崩れることがあります。首以外の身体のほかの部分、背中、腰、膝、足首などの問題が身体のバイオメカニックスを乱してしまったり、神経システムを負の方向に変化させてしまったりし、首まわりの筋肉のコントロールを乱すこともあります。そして現代人に多く見られる原因として、パソコン・テレビ・携帯電話の長時間使用が、肩こりの大きな要因となっています。パソコンやテレビを見ているとき、気がついたら自分の顔が前に突き出て、ディスプレイに近づいていませんか?頭を支えるために理想的な姿勢・支え方は、人を横から見たときに耳の穴と肩の中央が垂直になり、あごを引いている位置です。顔が突き出てしまうと、首のカーブが死んでしまい、頭の重みを効率的に支えることができず、首の骨にダメージが蓄積され、周りの筋肉も負担がかかり、肩こりへとつながります。(THM!)

なぜ、顔が突き出てしまうのか。これも実は人間の神経経路のつながりによるものなのです。パソコンやテレビから出ている光情報は目を通って、脳のある部分を刺激しますが、そのときに通る中脳も刺激してしまいます。中脳が刺激されたとき、反射のようにそのまま関連づいている筋肉も刺激されてしまうのです。それが、首の前についている筋肉です。首の前の筋肉の刺激は、そのまま顔を合えに突き出すことにつながります。よって、長時間パソコンなどをしているときに、どんなに意識しても顔が前に出てしまうのは、神経経路がそのようにつながっているからなのです。

肩こりの治療は腰痛のそれと似ています。痛みのもととなっている関節・筋肉を正常化させ、慢性的な痛みを起こしている神経経路を再構築し、痛みを抑制する中枢神経の機能を向上、”痛みの神経パターン”を壊してあげるということです。(THM!)さらに再発防止のために、正しい姿勢を保つ意識、筋肉の過剰な緊張状態を避けるためのストレッチ、そして長時間のパソコン使用を避けられない人のために中脳の過剰刺激を減少させるための光情報をカットするスクリーン・メガネを使用するなどがあります。

肩こりは解消できる症状です。日頃の生活習慣・姿勢は肩こり解消に大事な要因ですが、肩こりを慢性化させない、慢性化している肩こりの神経経路を壊すため適切な筋肉のTone(緊張力)を保つため、神経機能を正常化させることが必要です。

注:肩こりは様々な原因で引き起こされる症状で、ここで紹介させていただきましたのはその要因となる一例であり、すべての肩こりが上記のように引き起こされるわけではないこと、またここでご紹介した対処法・治療がすべての肩こりの解決とはならないことをご理解ください。しかし、多くの肩こりは上記のように引き起こされ、カイロによる治療でよくなる可能性が大いにあります。患者様それぞれの肩こりにつき、まずはご相談いただき検査する必要があります。

腰痛から解放されるために

どこの国でもカイロプラクティック受診の一番多い理由として挙げられるのが腰痛ではないでしょうか。それほど腰痛は多くの人々が抱える問題であり、多くの方がカイロプラクティックから有益な結果を得られている症状です。腰痛のメカニズム・なぜカイロプラクティックが有効なのかをお話させていただきたいと思います。

腰痛は多くの若い年齢の方も悩んでいる症状ですが、年を重ねるにつれて腰痛を持つ人の数、頻度・程度が増える傾向にあります。この理由として考えられるのがまず、背骨の腰椎部分の関節の変化です。“変形性関節症”は、関節の表面にある軟骨部分が軟化し、すりきれ、菲薄化し、関節辺縁部の骨棘形成を伴い、疼痛と機能障害を伴う症状です。つまり長年身体を支え、動作を生み出していた腰椎、仙腸(背骨の一番下にある土台仙骨とお尻の腸骨)関節などにダメージを蓄積され、関節がゆっくりと変形してしまった状態です。関節自体が変性してしまい、身体を適切に支えられていないので痛みを伴い腰痛となります(THM!)関節機能も低下しているので、変形した関節から脳へ刺激・情報も減り、刺激される神経細胞にも偏りが生じてしまいます。神経細胞の機能の偏りは、筋肉Tone(緊張力)の偏りを産みさらに腰痛を悪化させます。関節機能が低下していますが、腰まわりの筋肉はなんとか姿勢・動作を支えようとします。しかし、この状態が続くと筋肉自体に負担がかかり、関節の痛みだけではなく腰の筋肉の痛みも生じてしまうのです。

こうして引き起こされた腰痛は、ダメージ具合・生活習慣の程度で良くなったり悪くなったりを繰り返すかもしれません。痛みは脳が感じる知覚ですが、痛みが慢性的になるとこの痛みの神経経路が簡単に刺激されるようになってしまいます。(神経細胞・経路の変化についてはこちら)これは神経システムのマイナスの変化です。

ではこのような腰痛を解消するにはどうすればいいのでしょうか。痛みのもととなっている関節・筋肉を正常化させ、慢性的な痛みを起こしている神経経路を再構築し、痛みを抑制する中枢神経の機能を向上、”痛みの神経パターン”を壊してあげる必要があります。(THM!)変性してしまった関節を矯正により、変性の進行を食い止め、できる限りの関節機能の回復を試みます。(カイロ矯正)関節機能の低下によって、頑張りすぎて疲労・ダメージが蓄積された筋肉組織を正常な状態に戻してあげます。(Soft tissue therapy)そして、これらによって作られてしまった”痛みの神経パターン”を、カイロ矯正と様々な受容器を刺激することで、神経システムを再構築・安定させることで、腰痛を解消することが可能なのです。

注:腰痛は様々な原因で引き起こされる症候群で、ここで紹介させていただきましたのはその要因となる一例であり、すべての腰痛の原因でないこと、またここでご紹介した対処法・治療がすべての腰痛の解決とはならないことをご理解ください。しかし、多くの腰痛は上記のように引き起こされ、カイロによる治療でよくなる可能性が大いにあります。患者様それぞれの腰痛につき、まずはご相談いただき検査する必要があります。

Health talk

12月4日

先日、僕の住む街に住む日本人の方々とお話する機会をいただきました。外来クリニックでのインターンが始まったので、来てもらう患者さんを増やそうと思っての試みでした。自分のやっていることをを、一般の方々に伝える能力というのはとても大事なことだと実感し、その難しさも教えてもらいました。話している最中はなかなかうまく話せなく、終わってみて帰りの車の中で「ああ言えば良かった。こう言ったほうがわかりやすかった。あれを伝えるのを忘れてしまった」なんてことが次々に浮かんできました。

僕のしていること。機能神経学に基づいたカイロプラクティック施術。誰にでもわかる言葉で、わかりやすく伝えていけるように、これからもできるだけアウトプットしていきたいと思います。直接の会話でも、このように文章にしてでも。とにかく、とてもいい経験をさせていただきました。

ちなみに、このときとてつもなく美味しいお菓子をいただきました。日本で食べるお菓子よりも美味しい日本のお菓子という感じ。まさかアメリカであんなに美味しい、ちょうどいい甘さのケーキやらタルトやらを食べれるとは想像もしていなかったです。

頭痛の原因とカイロの有効性

アメリカでは、カイロプラクティックのオフィスに訪れる理由としてもっとも多い理由のひとつと考えられているのが頭痛です。頭痛は基礎疾患のない一次性頭痛と、別に原因疾患のある二次性頭痛とに分けることができますが、カイロプラクティックが特に効果的と考えられているのは一次性頭痛の場合です。(二次性頭痛、つまり別に原因疾患がある場合、その原因疾患を治療する必要があるため)

では、なぜカイロが頭痛に効果的であるという数多くの臨床結果が得られているのでしょうか。カイロは特別な哲学の元に治療しているわけではありません。気の流れがどうとかという話でもなく、誤解されている人も多いと思いますがカイロのアプローチは解剖学的、神経学的に理にかなったアプローチをしています。カイロプラクティックでは、首や背骨の施術という形でこの知識を応用するのに対して、他の医療従事者は薬という形で、一次性頭痛に対応することが多いのです。

首からの感覚情報を伝える神経と三叉神経(脳神経の中で最大の神経、第五脳神経で顎顔面領域の感覚を司る)とが同じ神経核を共有しています。これが関連痛として、緊張型頭痛、偏頭痛、群発頭痛のメカニズムを説明できると考えられています。

首には(厳密に言うと頚椎の1番から3番にかけて)三叉神経脊髄路核(顎顔面領域の痛みを中継する核)が存在しまする。この核には頚椎からの求心性神経(首の感覚情報を伝える神経)が含まれています。

したがって、頚椎1番から3番にかけての椎間板、筋肉、関節、腱や軟部組織などの構造がダメージを受けたり負担がかかっているとき、関連痛として頭痛を引き起こす可能性があると考えられています。猫背の方、一日中オフィスワークをしてパソコンに向きっぱなしの方やなど、この首の構造に負担をかけている場合が多いのです。テレビを見ているとき、読書をしているとき、パソコンをしているときに自分の顔の位置に気をつけてみてほしいのですが、顔を突き出すような格好でパソコンをしている人などは要注意です。頭がとても重いということは周知の事実ですが、その重い頭を支えている首。人間の身体は背骨がsカーブを描いて、この重さを支えています。顔を突き出すような格好をしているのは、首の部分のカーブを殺してしまっています。胸を張って少し顎を引いた姿勢、耳と肩が同じ垂直線上にある姿勢が本来の理想的な姿勢です。首の部分のカーブが消えてしまっている場合、頭の重さが首周りの構造に負担をかけダメージさえ与えてしまうことがあります。この負担が前途した神経構造を通して関連痛として頭痛が引き起こされるのです。(THM!)肩こりがひどいときに頭痛が起きる人がよくいるが、それは、こうした神経的なつながりがあるからです。

では、カイロプラクティックはどのようにして頭痛に対応するのかというと、この首の構造を本来の負担のかかりにくい構造へと戻してあげることです。首の構造がダメージをうけない構造になれば、間違った情報が送られ三叉神経が情報を”勘違い”し、頭痛が引き起こされることがなくなってゆのです。

注:頭痛は様々な原因で引き起こされる症状で、ここで紹介させていただきましたのはその要因となる一例であり、すべての頭痛上記のように引き起こされるわけではないこと、またここでご紹介した対処法・治療がすべての頭痛の解決とはならないことをご理解ください。しかし、多くの頭痛は上記のように引き起こされ、カイロによる治療でよくなる可能性が大いにあります。患者様それぞれの状態について、まずはご相談いただき検査する必要があります。

 

参考

1. Souza, T. 2009,  Differential Diagnosis and Management Fro the Chiropractor, Jones and Bartlett Pulishers, LLC