FAQ

Q1. カイロプラクティックって何?

A. カイロプラクティックは矯正(アジャスト)により神経の働きを正常化させ、体全体の神経系統を調節していくことを主眼としています。

Q2. カイロプラクティックはマッサージをしますか?整体と同じですか?

A. カイロプラクティックとマッサージは全く別です。また整体とカイロプラクティックも別物です。

ただ日本にはカイロプラクティックが法制化されておらず、医療行為として認識、認知されていないので誰でも資格、教育の有無に関わらずカイロプラクティックを使っていると言う事ができます。カイロプラクティックも看板を掲げながら、整体やマッサージを行うところがたくさんあるようなので、日本におけるカイロプラクティックが整体、マッサージと混同してしまうのはしょうがないかもしれません。

アメリカにおけるカイロプラクティックは、連邦政府によって定められた法律があるので、最低基準は統一されています。一定の教育(通常6−8年)と国家試験、州試験をクリアする必要があります。州によって違いはありますが、一般的にレントゲン検査や理学検査などを行い、診断を行う権利と義務があります。近年、他の医療従事者との連携も強くなってきており、社会的にも他の医療従事者からも医療行為として認識されています。

法律上や教育レベル以外に、整体とカイロプラクティックの何が違うか。整体の”施術”の目的が定かではありませんが、治療行為にはしっかりとした診断能力が必要です。手が痺れるという症状ひとつをとっても、どこの神経支配が痺れてしまっているのか、感覚神経だけの問題か、運動神経、筋力テストに異常はないか、腕神経層叢のどこの部分で異常があるのか、または神経根の問題か、中枢神経に問題はないか、循環や筋肉に異常はないかなど、”どこが悪いのか”を”診断”できる能力が必要です。手の痺れだけではなく、頭痛でも肩こりでも目眩でもメニエール病でも、どんな症状の治療にも診断能力が必須です。カイロプラクティックの治療はこのようなどこが悪いのかを診断して、必要に応じて治療するものだと言えるでしょう。整体は、気の流れや、骨のずれ、関節の問題などにだけ焦点をあてて、検査を行って、治療するものではないでしょうか。

Q3. カイロプラクターと医師の違いは?Doctor of Chiropracticってどういう学位?

A. 医師とカイロプラクターは違います。これは大きな誤解を招いてしまう(残念ながらアメリカの大学を卒業されたカイロプラクターでも、人によって医師という言葉を使う人や医師と同様な仕事をするなどと言っている方がいるため)可能性があるので、きちんと説明させていただきます。まず医師というのは日本語で、日本の医師国家試験に合格され、国家資格を持っている方が医師です。医師は医師法によって規定されてます。英語教育において、Doctor=医師と習ってしまうのが勘違いの原因の一つですが、必ずしもDoctor=医師ではありません。英語圏ではよくDoctorというと日本で言う医師を指すことが多いのでそのように教えられますが、アメリカにおいては医師ではなくても、Doctorate Degree(First professional Degreeとしての区分)もしくはPhD(博士号)を持つものに対して、Dr. という敬称を使います。(アメリカでは学位によって敬称(Mr.かDr.か)を明確に区別する習慣があるようです。)つまり、考古学でも天文学でもPhDを持っている人に対してはDoctorと呼び、このように医療知識ゼロの人もDoctorとなるのです。日本語で言う医師にあたるのは、Medical Doctor(MD)です。MD以外のDoctorは日本語で言う医師ではありません。カイロプラクターはDoctorですか?という質問ならYESです。Doctor of ChiropracticというDoctorate Degreeを取得しているので敬称は他のDoctorate (MD, ND, DO, DPTなどなどたくさん)やPhDを持つ方と同じようにDr.なのです。カイロプラクターもMDに似た医科学形のカリキュラムを受けし、医療知識を充分に備えた医療従事者ですが、日本語に訳すとき「医師」と訳してしまうのは間違っています。

カイロプラクターも基礎医学知識に関しては似たような教育を受けますが、治療のアプローチが大きく異なる違ったプロフェッションです。互いの違いと分野を理解し合い、協力関係を築くことがこれからの医療の上で大事だと考えております。特に日本において、カイロプラクティックを正しく認識していただく上で、大切なことだと思います。ネットでは間違った情報が飛び交っているため、ここにしっかりと違いを説明させていただきました。

アメリカにてカイロプラクティック大学を卒業した方が、カイロプラクターはアメリカでは医師のような働きをするという宣伝や、”認定医”、”専門医”という表現を使った宣伝をしていることが多々ありますが、これらは謝った表現といって良いでしょう。カイロプラクティックの世界には、医学界と似たように、専門分野の認定資格などがありますが、”認定医”というように医師であるかのような表現は間違っています。

Q4. カイロプラクティックの教育ってどんなの?

A. Q3で述べたように、カイロプラクターも基礎医学知識を学びます。これは人の身体を治療していく上で当然のことで、解剖学や生理学・神経学・病理学・放射線学など人間の身体のこと病気のことなどを学んでいきます。これに加え、カイロプラクター特有の脊椎矯正のテクニックなどを学んでいきます。カイロの大学への入学基準は、大学によって異なりますが、すべての大学で最低でも学部課程において基礎理学系を含んだ90単位(学部課程3年分)を履修していることが条件となります。大学によっては4年制大学での学士号が必要となります。専科大学にて役4年分のカリキュラムを学びます。4つのパートからなる国家試験を受験し、すべてのパートに合格後、州試験を突破してから、実際にカイロプラクターとして患者さんをみることができるようになります。

以下、ヒューストン神経カイロプラクティックにおいて。

Q5. どれくらい治療に通えばいいの?

A. ケースバイケースです。その方の身体・脳・神経系の状態などによって大きく変わります。初診で綿密な理学的・神経学的検査を行い、その後治療の反応を見ながら、どれくらいの治療が必要か治療プランを立てることができます。

Q6. 1度の治療にかかる時間はどのくらい?

A. 患者さんによって差はありますが、初診は2-3時間ほど見ていただいたほうが無難でしょう。これは綿密な検査を行い、また患者さんにも自身の状態をよく知ってもらうためです。2回目以降の通常の治療では30分以内が一般的です。

Q7. 費用はどのくらいかかるの?

A. ケースバイケースです。保険のカバー率や免責の額、そして身体の状態によります。保険については、患者様の保険会社プラン名などをご連絡いただければ、保険のカバー率などお調べいたします。最初のコンサルテーション、または初診のときにファイナンシャルについてのお話をさせていただき、後でこんなに掛かるとは知らなかったということがないようにしています。安心してご相談ください。

Advertisements
%d bloggers like this: